10
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

オススメの1冊

ふと目にはいった1冊の本
赤い表紙の「I - イランの少女マルジ」

   peru.jpg


国際的なベストセラーになったこの本ではイラン出身の著者マルジャン・サトラピの
1979年イスラム革命以降の体験が描かれてます。

少女マルジの目を通して、革命以後の政治・生活・思想の変化を読む事が出来ます。
子供ながらの無邪気さから溢れる疑問・怒り・哀しみ
重い真実でありながら、風刺が効いており読みやすく、
シンプルな絵からは感情がストレートに伝わってくるようです。

難しいテーマのように思えるのですが
この本はコミックなので、読みやすいのも嬉しいポイント。
それでもイランについて
殆ど知らないことばかりだったので、じっくり読まなければなりませんでした。

筆者は豊かな家庭に生まれているので、普通のイランの子供の目・・・とは
違っているかもしれませんが、
それでも戦闘下で育った少女の自伝である事には違いはありません。

この作品では日本で生活する自分の暮らしがいかに恵まれているか・・・考えさせられました。
当たり前に思ってる事も、所かわれば、この上ない幸せなんだ・・・と。
平和を願わずにはいられないそんな一冊です。

この「ペルセポリス」は続編の青い表紙の「II - マルジ故郷に帰る」も出版されており
アニメーションの映画化もされました。

まずはこの夏、異文化に触れ、そして平和の大切さを
実感させるこの「ペルセポリス」
オススメです!!


最新記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク