11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスチアナ・ブランド 領主館の花嫁たち


領主館の花嫁たち

領主館の花嫁たち

  • 作者: クリスチアナ・ブランド
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2014/01/29
  • メディア: 単行本


・あらすじ・
1840年、当主の妻を若くして失ったその領主館は、悲しみに沈んでいた。そして、愛らしい双子の姉妹の家庭教師として館を訪れたテティことテターマンもまた、癒しがたい傷を負う身であった。屈託なく懐いてくる、見分けがつかないほどよく似た双子の姉妹に、徐々に生きる希望を取り戻していくテティ。しかし、館に頻発する怪異が、テティと双子の姉妹の運命を、容赦なく翻弄していく…。


ヒロインかな?と思った人がヒロインでなく・・・と展開が面白かった。
amazonのレヴューで「嵐が丘」に近いと書かれてた方見えましたが確かにそんな感じ。
ダークだけど純粋でもある。
他の作品も読んでみたくなりました。

著者のクリスチアナ・ブランドはイギリスの推理作家、児童文学作家。
イギリス領マラヤ(マレーシア・シンガポールのあたり)で生まれ、イギリス領インド帝国で育ち
のちにイギリスへ戻りますが、父親の破産により未成年の頃から色々な職につき色々な経験を積まれたそうです。

児童文学の「ふしぎなマチルダばあや」はエマ・トンプソン、コリン・ファース、トーマス・サングスターで映画化。
「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」

エマ・トンプソンの演技が強烈だった記憶があります。

emma (400x222)

ナニー・マクフィーの魔法のステッキ [DVD]

ナニー・マクフィーの魔法のステッキ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD

No title

なかなかのインパクトですね

No title

「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」見ました!!
子供たちの成長に心がジーンとした記憶があります。
この作家さんなんですね。
推理作家で児童文学作家って意外な組み合わせだな~って思うけど、推理の中に人間の優しい部分が表現されているのかな~って想像しています。
Secret

最新記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。